ちょっと体調が悪いとか、風邪で熱があるといった場合、あなたはどうしていますか。もちろん、自分で市販薬で治すという人もいるでしょう。

しかし、やはり近所の医院やクリニックに行って診察を受け、薬を処方してもらう方が安心できる人も多いはずです。

ところでこの医院やクリニックと、いわゆる病院とはどのような違いがあるかご存知ですか。


実はこの2つは、医療法では別の物と定められています。

一見同じように見えるこの2つの医療機関ですが、どのような違いがあるのでしょうか。


まず病院の場合は、入院設備があることが必須条件です。
そしてベッド数も20以上確保する必要があります。



また病院の場合は、医師や看護師、薬剤師などの人数も一定以上に揃えておく必要があります。

一方で診療所の場合は、ベッド数が19以下で入院設備があるものと規定されています。


また、中にはベッド無しで外来のみの所もありますし、医師や看護師、薬剤師などの人数も特に決められてはいません。

渋谷の病院でできるケア。

一般に医院とかクリニックという名前のつく医療機関は、医療法で定める診療所であることがほとんどです。



病院よりももっと小規模かつ少人数で、病気の時に気軽に行ける所と考えておくといいでしょう。

また病院の場合は、建築基準法での制約があるため、工業施設や低層住居の専用地域には建てることができません。一方で医院やクリニックなどの診療所は、特に問題がない限りはどこにでも建てることが可能になっています。